【豊中市】オリンピックの「聖火リレー」が2020年4月14日《豊中市》を走る!聖火ランナーの公募が始まります!

2019/06/09 07時00分

とよなか

2020年 「東京オリンピック」 聖火リレーのコースが発表されました。スタートは3月26日、東日本大地震の被災地、「福島県」からです。その後47都道府県を121日間かけて回る予定です。「大阪府」の聖火リレーは4月14日と15日。スタート地点は「堺市」ゴール地点の「大阪市」(中之島公園大阪市中央公会堂前)まで聖火を繋ぎます。「豊中市」は14日。

14日 「堺市」 → 「東大阪市」 → 「門真市」 → 「枚方市」 → 「豊中市」 → 「池田市」 → 「箕面市」 → 「茨木市」 → 「吹田市」

15日 「泉佐野市」 → 「貝塚市」 → 「岸和田市」 → 「和泉市」 → 「太子町」 → 「羽曳野市・藤井寺市」 → 「柏原市」 → 「大阪市」

ランナー

大阪府の聖火ランナーは2日間で160人が予定され、大阪府実行委員会で44名を選出(2019年7月1日公募開始)。116名は聖火リレースポンサー ●「日本コカ・コーラ」(6月17日公募開始)   ●「トヨタ自動車」(6月24日公募開始)   ●「日本生命」(6月24日公募開始)   ●「NTT」(6月24日公募開始)  合計4社が選出します。ランナー1名あたりの走行距離は約200m。走行時間は約2分。ランナーは原則1人での走行ですが、一部グループでの走行も行うようです。

「聖火ランナー募集」   ←詳しくはこちらから確認してください。 56年ぶりに東京で開催されるオリンピック。聖火ランナーとして参加してはどうでしょう?

(McCulloch)

 

 

 

 

ジモネタ豊中市

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

今月の運勢

ページの上へ